FC2ブログ
無料映画探しチャオ TOP  >  ホビット 思いがけない冒険 >  ホビット 思いがけない冒険

ホビット 思いがけない冒険

ホビット 思いがけない冒険
                 

ストーリー(wikipediaより)

「フロド、まだお前に話していない話がある ――。」
111歳の誕生日、ビルボはある物語を書いていた。
それは60年前、若かりし頃の自分が体験した、遠い記憶の彼方の冒険談である。
ホビット庄の袋小路屋敷に魔法使いのガンダルフがやってきた。彼は冒険好きで知られたトゥック翁の古い友人だった。
彼の血筋を見抜いていたガンダルフはビルボを冒険へと誘う。
だが元来ホビット族は旅を好まず、平凡な日常を愛する種族だ。ビルボはすぐさま断った。
その夜、袋小路屋敷に奇妙な客がやってきた。それは12人のドワーフ族。
ガンダルフが彼らの集合場所にビルボの家を選んだのだ。
困惑するビルボをよそに、ドワーフ達は飲めや唄えの宴会を始めて大騒ぎし、ガンダルフもこれに興じる。
ビルボはガンダルフにどういうことかと尋ねる。そして最後にもう一人、ドワーフ族の王子トーリン。
彼らは邪竜スマウグに支配されたはなれ山の祖国・エルボールの再建を目指しているのだった。
ガンダルフは忍びの技と大きな勇気を持つものとしてビルボを14人目の仲間に選んだのだ。
見知らぬ土地ガンダルフは真実は本や地図ではなく、外にあるのだと説得するが、頑として受け付けなかった。
しかし、一行が旅だった翌朝、彼の心に冒険心が浮かび上がる。大急ぎでビルボは荷造りをし、一行を追って走り出した。
「ビルボさん、どこへ行くんです?」「冒険だよ!」
かくして、ビルボの長い旅が始まったのだった。


【Streamin 1/1】
【B9dm 1/1】
ブログランキング ブログランキング ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
洋画(あ行~さ行)
あ行 か行 さ行
洋画(た行~な行)
た行 な行